アジア柔道連盟役員改選について

4月18日(木)アラブ首長国連邦フジャイラにおいて、アジア柔道連盟総会が開催され、オベイド・アルアンジ氏(クウェート)が会長に再選されました。
日本からは細川伸二氏が副会長(新任)に、川口孝夫氏が審判理事(再任)に選任されました。
任期は2023年までの4年間で、新体制のもとアジア各国における柔道のさらなる普及、発展に向け活動されます。