海老沼匡選手(パーク24)が国際柔道連盟(IJF)アスリート委員に当選!!

海老沼 匡選手(パーク24)が見事当選いたしました。

IJFホームページに詳細が記載されております。

おめでとうございます!


今月28日よりハンガリー・ブダペストにおいて開催される2017年世界柔道選手権大会の大会期間中、国際柔道連盟(IJF)アスリート委員選挙が実施されます。候補者受付が8月7日に締め切られ、日本からは海老沼匡選手(パーク24)が立候補いたしました。全ての候補者名簿は8月14日にIJFより公開される予定です。今回の選挙には上記大会に出場選手する選手のみが投票権を持ち、選挙結果は個人戦最終日(9月2日)に発表されます。任期は2017年から2020年までの4年間となります。
IJFアスリート委員会は選手の投票で選出される5名(各大陸より1名)とIJFが指名する4名の計9名で構成され、主に選手とIJFを繋ぐ機関として意見交換を行うほか、選手の教育、選手生活終了後のキャリア育成、女子柔道の普及活動などに取り組みます。応援何卒宜しくお願い致します。

【海老沼匡選手プロフィール】

[生年月日]
1990年2月15日(27歳/2017年8月7日現在)
[出 生 地]
栃木県
[段 位]
五段
[学 歴]
2005年 弦巻中学校卒業
2008年 世田谷学園高校卒業
2012年 明治大学卒業
2012年 パーク24株式会社入社
[主な戦績]
2008年 世界ジュニア選手権大会(バンコク) 66kg級 3位
2011年 世界選手権大会(パリ) 66kg級 優勝
2012年 オリンピック(ロンドン) 66kg級 3位
2013年 世界選手権大会(リオデジャネイロ) 66kg級 優勝
2014年 世界選手権大会(チェリャビンスク) 66kg級 優勝
2016年 オリンピック(リオデジャネイロ) 66kg級 3位