第2回全日本男子強化合宿(07.5.16)

第2回全日本男子強化合宿(2007.5.16)

2007年5月14日(月)~19日(土)神奈川・東海大学にて世界柔道選手権代表選手及び、ユニバーシアード代表を中心に18名が参加し、第2回全日本男子強化合宿が行われている。

この合宿は世界選手権大会男子日本代表全階級が揃った最初の合宿。

鍛錬期として位置づけ、稽古、トレーニングにおいて肉体的、精神的に徹底的に追い込む。

また、冬季欧州トーナメントの反省をもとに外国人選手の技、組み手について研究を行なう。


<5月15日公開合宿レポート(全柔連事務局員)>

5月15日(火)は公開取材日とあって、およそ20社のマスコミが取材に訪れた。

 午前は、道場での稽古と近くの山へランニングレーニングに出た。途中、急な大雨に遭ったが、午後には世界選手権代表選手も、一層激しい乱取稽古を行った。

 60㎏級の野村忠宏選手が合宿初日に古傷の右足を痛め、大事をとって検査のため合宿を切り上げた。また73㎏級の金丸雄介選手は、17日から合宿に参加する。

今合宿でも、マスクをして乱取を行い、心肺機能を高めたり、軍手をしての乱取と工夫を凝らした稽古に選手も「面白いだけのトレーニングではないです。練習量も半端じゃないです」と口にするなど、内容の濃い練習をしている。

練習中、取材に訪れた記者の取材を受ける
斉藤監督

 

多くの記者に囲まれた井上選手。
この日は20代最後の誕生日
「良い20代にしたいです」と話した。

練習前に取材を受けた鈴木選手。

「北京へつながる年。大きな目標があることが自信につながっていると思います」と力強く話した。

 

練習の合間に、水分補給。

選手にとってはつかの間の休憩。隣は全日本の杉山トレーナー

練習も終盤には打ち込みで最後の追い込み

 

泉選手と高松選手の打ち込みにアドバイスを送った持田コーチ(後姿)と斉藤監督

 

斉藤監督考案の、軍手をして組手強化の乱取。疲れた表情の井上選手