2007リオデジャネイロ国際柔道連盟(IJF)総会報告(07.10.4)

2007リオデジャネイロ国際柔道連盟(IJF)総会報告(2007.10.4)

日時: 2007年9月10日(月)09:30~19:30
場所: ブラジル:リオ デ ジャネイロ(於 Windsor Barra Hotel)
総会日本代表: 上村春樹 専務理事、藤田真郎 国際委員長
日本人IJF役員: 山下泰裕 教育コーチング理事、佐藤宣践 名誉役員

1.加盟国・地域数: 199カ国・地域(4カ国・地域増)2007年9月(リオ総会現在)

【大陸連盟別加盟国・地域数】

大陸連盟 国・地域数 新加盟・再加盟国
アフリカ柔道連盟 48カ国 スワジランド(新加盟)
アジア柔道連盟 39カ国
ヨーロッパ柔道連盟 50カ国 モンテネグロ(新加盟)
オセアニア柔道連盟 20カ国 ニューカレドニア(新加盟)
パンナム柔道連盟 42カ国 パナマ(再加盟)

2.出席数: 186カ国・地域(含 委任状 49カ国・地域)

3.パク会長(韓国)が任期2年を残して、IJF会長を辞任したとの発表があった。

4.パク会長辞任にともなうビゼール氏の新会長就任(暫定2年間+次期4年間=6年間)について
理事会提案として総会に諮られ、総会はこれを承認した。

5.選挙結果
<事務総長>

当選 ドゥイーブ氏 チュニジア・現職 139票
ピケ氏 カナダ 44票

<財務総長>     

当選 タミーミ氏 アラブ首長国連邦 信任投票
クラウレ氏 ボリビア・現職 立候補取り下げ

<教育コーチング理事>

当選 メリジャ氏 アルジェリア 123票
山下氏 日本・現職 61票

6.世界柔道選手権大会の毎年開催
2008年マカオ 男女の無差別のみ(北京オリンピック年)
2009年オランダ・ロッテルダム (2005年カイロIJF総会で決定済み)
2010年日本・東京
2011年フランス・パリ

7.新世界柔道国別団体
2007年11月 中国・北京
2008年11月 日本・横浜
2009年   韓国(予定)

8.北京オリンピック 2008年8月9日~15日 中国・北京

9.世界ジュニア選手権大会 2008年10月23日~26日 ベトナム・ホーチミン

10.IJF会長を辞任したパク氏が、IOC関係委員(Commissioner for International & Olympic)としてIJFとIOCの橋渡し的な役割を果すことを承認した。

11.世界柔道選手権大会出場にともなう、最少年齢制限について、シニア、ジュニアとも15歳以上に決定した。

10.2009年から、国際柔道大会グランプリ開催(賞金大会)について、世界より8大会を選び柔道ツアーを開始し、出場した上位選手のポイント数によりランキングを制定する構想が打ち出された。

※9月11日(火)理事会報告
新たに8名の会長指名理事(議決権なし)、会長指名委員会が新設された。
上村春樹専務理事が、指名理事(スポーツ理事)に推薦された。

※第25回世界柔道選手権大会 メダル獲得上位国

順位 国名
1位 日本 3 2 4 9
2位 ブラジル 3 0 1 4
3位 フランス 2 2 4 8
4位 キューバ 2 2 1 5
5位 中国 2 0 0 2
6位 グルジア 1 1 1 3
7位 オランダ 1 0 3 4
8位 韓国 1 0 2 3
9位 北朝鮮 1 0 1 2
10位 ロシア 0 1 2 3