November 15, 2019

ラオス政府より「LABOR MEDAL」(労働勲章)受勲(08.3.3)

ラオス政府より「LABOR MEDAL」(労働勲章)受勲(2008.3.3)

現在、JICA(国際協力機構)シニアボランティアとしてラオスで活動中の菊池正敏氏と、同じくJICA青年海外協力隊として活動中の伊藤心吾隊員へ、ラオス政府より労働勲章が授与されました。

「LABOR MEDAL」(労働勲章)受勲について

 

2008.1.21

昨年12月にタイのナコンラチャシーマで開催されましたこの東南アジア地区最大のスポーツイベントである第24回「SEA GAMES」(東南アジア競技大会)に於いて、ラオス柔道チームは、下記のような好成績を得ました。
金メダル2ヶ(男子「投の形」・女子「柔の形」)
銀メダル1ヶ(男子66kg級)
銅メダル3ヶ(男子100kg超級・女子63kg級・女子52kg級)
これは、ラオス全競技選手団(金メダル5ヶ)の中で、一番の成績でした。
又、2003年の22回大会で、男子100kg超級銅メダルのみ、2005年の23回大会では、メダルは無しという経緯の中で、今回はラオス柔道界に於いて初めての金メダル・銀メダル獲得でした。
その様なことで、帰国後の政府叙勲審査の中で、柔道チームの主任コーチである菊池と担当コーチである伊藤への首相よりの授与が決まった次第です。
まことに有難い栄誉と感じています。
そして、次回第25回「SEA GAMES」は、ここラオスでの開催が予定されていますので,二人共、残りの任期をこの国の為に一生懸命努めるつもりでおります。

国際協力機構(JICA)シニアボランティア 菊池正敏 六段
青年海外協力隊 伊藤心吾 参段

※青年海外協力隊に関する情報はJICAホームページ

 

菊池正敏六段(左)と伊藤心吾参段(右)

Mr. Somphou PHONGSA ラオス国家スポーツ委員会副総裁(中央)

今回授与された賞状

今回授与された労働勲章