2016東京オリンピック・パラリンピック決起集会(09.4.14)

2016東京オリンピック・パラリンピック開催決定をめざす日本スポーツ界決起集会

 2009年4月13日(月)15時より東京・芝公園にあるザ・プリンスパークタワー東京にて2016東京オリンピック・パラリンピック開催決定をめざす日本スポーツ界決起集会が行われた。

会場には多くの賛同者、報道関係者が集まり、用意された椅子が足りなくなるほどの盛り上がりをみせた。

財団法人日本オリンピック委員会会長の竹田恆和氏は「以前の東京オリンピックの感動を、今の子供たちに伝えたい。スポーツ界が一丸となって、是非とも2016年のオリンピック東京開催招致を成功させましょう!」と意気込みを語った。

また、計17名のオリンピックメダリストたちも出席し、柔道界からは上野雅恵選手と谷本歩実選手が出席した。

上野選手は「オリンピックは4年に一度の大事な大会。是非日本国民の皆さんに東京で見ていただけるようがんばります」と語り、谷本選手は「1964年の東京オリンピックの施設を7割も使うという伝統を重んじ、視察される方を笑顔でお迎えして、2016年に東京に活力とパワーを与えられるよう東京招致をがんばります」と意気込みを語った。

本連盟からは上村会長をはじめ数名が出席し、2016東京オリンピック招致に向け、気持ちを新たにした。

詳しくは東京オリンピック招致委員会ホームページへ