November 15, 2019

柔道フェスタ2009 報告(福井県)

柔道フェスタ2009 報告(福井県)


【内容】

・「2007世界選手権ハイライト」ビデオ上映

・大塚製薬「水分補給のススメ2009」ビデオ上映

・大塚製薬:水分補給クイズ

○ 開 会 式『開会宣言・選手、役員紹介・柔道ルネッサンスの紹介』

○ イベント『準備運動・得意技披露・質問コーナー・選手と乱取り』

○ 選手と参加者とのふれあいコーナー

「記念品争奪:クイズ&じゃんけんゲーム」

○ 閉 会 式『挨拶・閉会宣言』

○ 記念撮影(20団体を6ブロックに分けて撮影)

※ 強化選手の技の説明は、わかりやすく、見本となった子ども達は、みるみるうちに技が上達していった。 特に強化選手を投げた子は大変嬉しそうな顔で、会場も大きな拍手が起こっていた。

※ 参加人員483人(小学生329人、中学生60人、引率指導者46人、来賓・役員・補助員48人)一般観覧者200人


【選手のコメント】

・中澤さえ選手

子供達との交流を通して、柔道の楽しさというものを改めて感じることができました。 私達が教えるばかりではなく、子供達から教えられることも多く、非常に素晴らしい経験になったと思います。


【参加者の声】

●保護者

 地元ですばらしいオリンピック選手にご指導をいただき、感激でした!

なかなか福井でオリンピック選手に、直接指導をいただける事なんてありません!そう言った意味でも、これからの未来こういうすばらしい選手が生まれる事を祈りつつ、いい勉強をさせていただいたと思います。福井からも、目指せ! オリンピック選手!

●指導者

 本物の技を実際に目にするチャンスを与えて下さった、全柔連の方々

に感謝しております。

●子供

 ・世界レベルの選手の技が、目の前で見れたのでうれしかったです。道場へ帰っても習った技を練習したいです。

 ・内股の入り方を、小野選手に教えてもらったので、打ち込みでも乱取りでも、それをしっかりと練習でいかしていきたいです。大外刈もならったので頑張りたいです。 

●貝山仁美コーチ

 多くの元気な子供達と、柔道を通して交流することが出来た事はとても貴重な経験でした。

 今回触れ合った子供達の中から憧れの選手を目標に、辛い練習を乗り越えてオリンピック選手が出てくれたらとても素敵な事だと思います。未来を担うちびっこ柔道家達に期待しています!!

そして、お世話になりました関係各位にお礼を申し上げます。

 ありがとうございました。


【総評】

 最初に、福井県立武道館大道場に設置したスクリーンで「2007世界選手権ハイライト」と大塚製薬の「水分補給のススメ2009」を見せていただいた。集まった約400人の小中学生は、真剣なまなざしでビデオに見入っていた。

 開会式は、全日本柔道連盟広報委員 三宅 仁先生の開会宣言で始まり、強化選手の紹介では、名前と試合成績が告げられるたびに、会場は大きな拍手がわき起こった。その後、福井県柔道連盟ルネッサンス委員の冨澤和英強化部長から「素直な子は伸びる」と言う内容で柔道ルネッサンスの紹介が行われ、静かな中で子ども達は話に聞き入っていた。

 イベントでは、貝山先生指導、中澤選手見本による準備運動後、技の説明が行われた。塘内将彦選手が袖釣込腰を、小野卓志選手が内股をそれぞれ披露し、小学生達は二人の豪快な技に興奮し、大きな拍手を送っていた。

 塘内選手は、前に出た子ども達にわかりやすく技を解説してくださり、また、小野選手は、実際子どもに投げられて下さったので、会場は大いに盛り上がった。次に中澤さえ選手が大外刈、田知本愛選手が送足払を披露して下さった。

 質問コーナーでは、緊張してうまく話せない子もいたが、「何回優勝したんですか?」とか「体落しを教えて下さい。」など、和やかな雰囲気で時間が進んでいった。

 選手と乱取りコーナーでは、選手に指名された小学生が嬉しそうに前に出て、時間いっぱい技を掛け続けていた。

 記念品クイズでは、一問一問大いに盛り上がり、残った子ども達の最後は、田知本選手とジャンケンをし、一人ひとり記念品をいただき笑顔で選手達と記念写真を撮ってもらいました。

 閉会式では、福井県柔道連盟 長谷川大恭会長が挨拶をし、その中で全柔連参加コーチ、強化選手へのお礼と、世界へ羽ばたく選手の育成・基本を重視した指導の徹底について、参加された各チームの指導者にお願いされた。続いて三宅 仁先生の閉会宣言で「柔道フェスタ2009」が終了した。

 子ども達は団体ごとに記念写真を、福井県柔道連盟少年部の指導のもとでテキパキと撮り、全ての行程を無事に終了することが出来ました。

 その後、時間に余裕が出来たことと、塘内選手と小野選手の計らいにより、二人のサイン会が急遽大道場中央で催された。長い列を作った子ども達へ、時間の許す限りサインをして下さったお二人に感謝申し上げます。

 また、最後にこの「柔道フェスタ」を主催、企画、運営していただいた全日本柔道連盟広報委員の関係者、ご指導いただいた強化コーチ、強化選手の皆様をはじめ、関係各位に厚くお礼を申し上げます。

〔文責:柔道フェスタ2009地元担当者 榮修一〕