December 13, 2019

第1回全日本男子強化合宿(天理大学) (10.4.12)

平成22年第1回全日本男子強化合宿(天理大学)

 2010年4月12日(月)から奈良県にある天理大学 体育学部の武道館において、男子の第1回全日本強化合宿が行われている。

 この合宿は今年の9月に52年ぶりに東京で開催される世界柔道選手権2010東京大会に向けた最初の代表合宿で、60kg級・平岡拓晃選手、福岡政章選手、66kg級・海老沼匡選手、森下純平選手、73kg級・秋本啓之選手、粟野靖浩選手、81kg級・中井貴裕選手、高松正裕選手、90kg級・小野卓志選手、100kg級・穴井隆将選手をはじめ、コーチらと合わせて約20名が参加している。

 90kg級・西山大希選手、100kg級・高木海帆選手は4月29日(祝)の全日本選手権に出場するため、この合宿には参加していない。

 公開取材日となった2日目の13日(火)午後には各メディアが集まり、午後の練習前に、世界選手権代表に選ばれたkg級・海老沼匡選手、森下純平選手、73kg級・粟野靖浩選手、81kg級・中井貴裕選手の取材がそれぞれおこなわれた。

この合宿は4月17日(土)の午前中まで行われる。

稽古前の会見の様子

多くの記者に囲まれる篠原信一監督

66kg級 海老沼匡選手

「常に上を目指し全力でやります」

66kg級 森下純平選手

「しっかりと組んで内股を更に磨き、前に出る姿勢を常に持って臨む」

73kg級 粟野靖浩選手

「1試合1試合を大事に。勝ちを常に意識してやります」

81kg級 中井貴裕選手

「ひたすら練習あるのみ。一つ一つの試合を勝っていくことが目標。体調管理もしっかりしていきたい」