第31回全国少年柔道大会 合同錬成(11.5.4)

第31回全国少年柔道大会 合同錬成(11.5.4)

 2011年5月4日(水・祝)午後2時から午後4時まで、東京・講道館大道場にて合同練成が行われ、約200名が参加した。
今年は井上康生全日本男子コーチが講話をした後、全日本男子強化選手の技の説明・指導が行われた。
最後に強化選手と指導員との乱取りを行った。

井上コーチの講和の内容は以下のとおり。

「私も、この全国少年大会に出場した一人です。試合前の君たちの気持ちがよくわかります。5歳で柔道を始めて柔道がたまらなく好きな一人です。柔道に誇りを持ち、とても素晴らしいものだと思っています。勝ち負けがつくことと、体を鍛、心も磨くことができます。それが柔道の素晴らしさです。

柔道を始めた時の目標は、この大会で優勝すること。そして大きな目標として日本一、誰よりも強く、オリンピックや世界選手権大会で優勝することと目標を持ちました。だからこそ夢を達成できたと思います。

心を磨くことも柔道だと言いました。きつい練習に耐えること、辛く大変なこともあると思いますが、みんなが頑張ることで乗り越えられると思います。柔道において礼をすることは、相手に尊敬の気持ちを持つこと、そしてお互いを高めあうことができる素晴らしさがあります。

私も現役を退いていますが、色々な人がいて柔道ができました。皆さん、親、先生、友達がいて強くなれると思います。感謝の気持ちをもって、心の成長も高めて成長してください。

柔道に携わっていることに誇りをもってください。

明日の大会では今みんなが持っている力を全て出し切って悔いのない試合をしてください」


選手集合


全日本柔道少年団 円城寺力男 理事長


全日本男子コーチと全日本男子強化選手


井上康生男子コーチの講和


【支釣込足】
王子谷剛志
(東海大学‐東海大相模高校)
2010世界ジュニア +100kg 優勝
2010インターハイ +100kg 優勝


【大外刈】
下和田翔平
(日本体育大学‐崇徳高校)
2010全日本学生体重別 -90kg 3位
2008インターハイ -100kg 3位


【内股】
川上 智弘
(國學院大学‐足立学園高校)
2011全日本選抜体重別 -81kg 2位
2009全日本ジュニア -81kg 優勝


【大内刈】
木戸 慎二
(日本体育大学‐崇徳高校)
2010講道館杯 -60kg 3位
2009全日本ジュニア -60kg 2位

乱取り風景1

乱取り風景2

井上コーチの技の解説

乱取り風景4

乱取り風景5

乱取り風景6

16時30分からの審判会議風景

17時からの監督会議風景