東京グランドスラム2012 大会レポート(2日目)

東京グランドスラム2012 大会レポート(2日目)


大会2日目 男子1、女子1 金メダルを獲得

グランドスラム東京2日目、男女2階級が行われた。日本勢は男女ともに1階級ずつ優勝し、81kg級は今大会初の外国勢同士の優勝争いとなった。

【男 子】

73kg級はロンドン五輪金メダリストの中矢力、講道館杯覇者の大野将平、09年世界ジュニアチャンピオン西山雄希、東京世界選手権3位の粟野靖浩という実力者が出場して頂点を争った。決勝の舞台に上がったのは準決勝で西山を下した中矢と、ここまですべて一本勝ちで勝ち上がって勢いに乗る大野。その大野がオリンピックメダリストを見事な大外刈で決めて初タイトルに輝いた。

81kg級はロンドン五輪金メダリストのキムジェブン(韓国)が登場。日本からはロンドン代表の中井貴裕、昨年の大会王者・川上智弘、講道館杯1位、2位の長島啓太、春山友紀の4人。このうち、準決勝の舞台に上がったのは川上ただ一人。その川上も残念ながらここで姿を消し、決勝はロンドン王者キムとペナウベル(ブラジル)という外国人同士となり、キムが練習不足ながらしっかり勝ちきってタイトルを獲得した。

◆ 優勝者の声


73kg級/大野将平

「(オール一本勝ちについて)一本をとる柔道は自分が目指している柔道なので嬉しい。(決勝の中矢は)福岡で1回負けている相手なので、借りを返そうと思って決勝に臨んだ。攻める姿勢の柔道は見せられたと思う。来年は選ばれて出場する一つひとつの大会を全力で戦い、内容も一本をとる柔道で勝つことができるようにしたい」


81kg級/キムジェブン(韓国)

「オリンピック後1ヶ月休みをとったので、今日は体が動かず、練習の大切さを実感した。チームの監督が変わったが、そのなかで金を獲れたことも嬉しい。次の五輪に向けて頑張りたい」

【女 子】

パリ世界選手権代表の阿部香菜、高校生の津金恵、田代未来の2人、講道館杯2位の片桐夏海が出場。阿部以外の3人は日本代表として畳にあがるのは初めて。そのなかで、田代を除く3人が準決勝にあがり、決勝は片桐を破った高校生の津金と阿部というシニア対ジュニアチャンピオンの対決に。「有効」を一つ奪った若い挑戦者・津金の優勢勝ちし、山本に続く高校生チャンピオンが誕生した。

70kg級はいまやこの階級の日本のエースとなった田知本遥と講道館覇者・大野陽子、学生チャンピオンのヌンイラ華蓮、ベテラン今井優子の4人が出場。海外からはロンドン代表のファイスル(韓国)、コルテス(キューバ)らが出場した。田知本は決勝にあがったものの残念ながらボルダー(オランダ)に敗れ、2位に終わった。

◆ 優勝者の声


63kg級/津金 恵

「今日は挑戦者として思いきりやろうと思って試合に臨んだ。優勝して嬉しい。これは第一歩。まだ課題がいっぱいあるので、それを克服して上を目指したい。来年は出る大会で自分のやることをしっかりやり、優勝を目指したい」


70kg級/ボルター(オランダ)

「優勝して嬉しい。今日は自分がすごく強いと思う」