出身道場の恩師が語る~78kg級 梅木真美編~

出身道場の恩師が語る、リオ代表選手の素顔

 リオオリンピック代表選手14名にも、柔道と出会った最初の一歩がある。どんな道場で育ったのか、どんな子どもだったのか・・・出身道場へ聞きました!

~78kg級 梅木真美(環太平洋大学4年)編~

2016rio_q&a_umeki1-1

ここのえ柔道クラブ(大分県) 佐藤勝司代表

Q.入門の経緯
A.当時、駐在所に勤務していた後藤清二氏が入学式に行ったときに在校生のなかに、ひときわ大きな女の子がいるのに目を留め、すぐに声をかけて、家に行き、父母を説得して道場に来るようにお願いした。そして、「この子をオリンピックに連れて行く」と言って柔道をさせた記憶があります。
Q.最初の印象は?
A.小学3年生では大きな子どもだな、と思った。やさしくて、おとなしくて、とても素直な子でした。
Q.幼い頃から柔道の才能を感じた?
A.この子の家庭は畜産農家であり、いつも姉妹で家の手伝いをしていました。そのことが今につながっていると思います。牛を飼い、肥料を運び、父母を手伝い、力をつけていったんです。そのことを本人は感じてなかったと思いますが、道場で寝技になったとき、道衣を握る握力の強さが以上に強かったことを思い出します。腕相撲も強かったです。
Q.「強くなる」と手応えを感じた瞬間
A.私のところの道場は幼児から中学生までがいる小さな道場なので、子どもたちが楽しく、明るく、活発に、元気よく、また大きな声であいさつができるような子どもになるように話をしていました。
Q.保護者を含めて指導していたこと
A.小学3年生から6年生までここにいましたが、練習でも、試合でも、ほめて伸ばすことを思いながら指導してきたと思っています。どこの道場でも大きな声で子どもたちを叱るところをよく見かけますが、これは指導者の考えだと思いますが、うちの道場ではありません。。
Q.代表選手となった原動力は?
A.まず、元道場代表であった後藤氏が柔道をやらせようと思ったことから始まり、本人が中学、高校でよき指導者に恵まれたことと、本人の努力が一番の原動力だと思います。
2016rio_q&a_umeki2