出身道場の恩師が語る~70kg級 田知本遥編~

出身道場の恩師が語る、リオ代表選手の素顔

 リオオリンピック代表選手14名にも、柔道と出会った最初の一歩がある。どんな道場で育ったのか、どんな子どもだったのか・・・出身道場へ聞きました!

~70kg級 田知本遥(ALSOK)編~

2016rio_q&a_tachimoto1

小杉少年柔道クラブ(富山県) 保田辰幸代表

Q.入門の経緯
A.柔道を始めたのは親の勧めで、当クラブに入門したのは自宅から一番近い道場だったからだと思います。
Q.最初の印象は?
A.素直で明るく、たいへんかわいらしい子でした。
Q.幼い頃から柔道の才能を感じた?
A.ガッチリとした骨太の体格をはじめ、足が速く瞬発力に優れていたこと、またバランス感覚のよさや試合・練習時の集中力の高さなどに才能を感じました。
Q.「強くなる」と手応えを感じた瞬間
A.県大会の個人戦決勝で敗れたときに、相手は当時全国でも活躍していた強豪チームのエース(男子)だったにもかかわらず涙を流して悔しがっており、その向上心の高さに「まだまだ強くなる」と感じました。
Q.保護者を含めて指導していたこと
A.試合に勝つことだけが目的ではなく、日頃から地道に努力を積み重ねることや試合に勝つことによって得られる「やればできる」という自信と達成感が、将来柔道以外のことにも必ず生かされ役に立つということ、また、いつも支えてくれている親への感謝の気持ちを忘れないように、ということを話していました。
Q.ほめたこと、叱ったこと
A.練習に真剣に取り組む姿勢や試合で活躍したときなどにはほめていたと思います。本人は、練習態度も試合内容も他の模範となっていたので、叱った記憶はありません。
Q.代表選手となった原動力は?
A.人一倍の努力と最後まであきらめない精神、そして、ここぞという時の勝負強さ。まさに、心・技・体のグレードアップが原動力になったと思います。
2016rio_q&a_tachimoto2